×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠初期出血

妊娠初期出血をご存知ですか。
妊娠初期出血にはぜひ気をつけてください。



妊娠初期出血とは

妊娠して12週ぐらいまでには色々な出血があります。妊娠とは女性にとって大変なことであり子供は本当に授かりものですから妊娠初期には出血にはぜひ注意を払って立派な赤ちゃんを出産してください。妊娠初期出血には様々ケースが考えられますが、まずは初期流産、次に胎児死亡、子宮外妊娠による流産、胎盤未発達による出血、膣炎、子宮頸癌などがあります。妊娠初期の出血には決して良いことはありませんのでもし出血がありましたらすぐに病院に行ってください。最悪の場合には母子共に危険な状態に陥ることも考えられます。


妊娠初期出血の内容

妊娠初期出血の中でも本当に初期に起きる出血には注意が必要です。本人が妊娠していることを気付かずに、単に月経だと思ってしまう場合があります。妊娠初期出血には月経よりも少しだけ長い期間出血して、自然に止まってしまうのでそのままほったらかしにしてしまいます。その後体調がすぐれずに病院に行って検査の結果妊娠をしていてすでに流産をしてしまったことを知らされるのです。妊娠初期出血で次に多いのが胎盤が未発達で出血する場合ですね。妊娠初期出血で胎盤に問題が起きた場合には比較的少量の出血で済みますので、すこし安静にしていると出血が止まります。しかし妊娠初期出血での胎盤未発達による出血の場合には子宮内に出血が溜まって流産を引き起こすことも考えられますので、病院での検査をお薦めします。また妊娠初期出血での出血の多い場合には入院の可能性もあります。母子の健康状態を良くするためですから、入院によるデメリットは全く考えないようにしてください。ほんとにごく初期の流産や胎児死亡による出血は、普通は安静にしていることによって次第に回復してきますが、出血が多い場合には病院での治療をお願いします。


切迫流産

妊娠初期出血の原因の中では切迫流産が一番多いですね。切迫流産とは「流産になりかけている」と言う意味です。そもそも流産は22週以前に起きるもので妊娠初期出血は流産に結びつきやすい内容を伴っています。妊娠初期には当然定期的に産科の診断を受信していると思いますが、切迫流産にはくれぐれも気をつけてください。切迫流産の症状としては少量の子宮出血があることと、下腹部の痛みで判断できます。通常は胎児の超音波検査で心拍が確認されていればよほどの出血でない限りは自然に出血が止まります。治療法としては特別な方法はありませんので、出血がある間や出血が止まってもしばらくは安静にしておくことが大切です。子宮出血があまりにひどい場合には止血剤を使う場合もありますが止血剤によっての切迫流産の予防になるとは思えません。切迫流産のときに使う止血剤は本当に血が止まるだけであって流産とは直接関係がありませんので妊娠初期には安静が一番です。おりものにまじる程度の出血であれば良いですが、月経のときと同じ程度か月経のとき以上に出血がある場合や下腹部の痛みがひどい時には必ず受診してください。妊娠と出産は女性にとって非常に大切なものですから、一生涯の健康を考えて対処してください。


京都タワー ペットボトル ジョン・ガリアーノ 竹下通り ハンドメイドワンピース オリエンタル工業 しだれ桜全国20選





Copyright(C)  妊娠初期出血 All rights reserved